英検とは?

英検の正式名称は、実用英語技能検定と言います。

1963年に創られて以来、延べ8000万人以上の方が受験している非常に大きな検定試験です。

英語におけるリスニング・ライティング・スピーキング・リーディング・ヒアリングといった総合的な能力が求められます。

TOEICやTOEFLのように明確な点数が出るわけではなく、1級・準1級・2級というように階級で分けられている特徴があります。

1次試験は筆記となっていますが、2次試験は面接となっています。

面接では自分が考えていることを相手に英語で伝える能力が求められるので、非常に対策がしにくい検定試験であると言えます。

英検は、TOEICやTOEFLと比べるとこれといった対策が無い特徴があります。

 

 

英検を取得することでのメリット

英検を取得することで、多くの大学の入試で優遇されます。

また、留学する際の証明書になったり、国家試験の科目が免除されたりします。

リスニング力とリーディング力が試されるTOEICとは違い、全てが求められる難しい検定試験ですが、将来のために取っておくことは大切です。

 

 

オンライン英会話で英検対策

オンライン英会話で英検対策をしているスクールは意外に少なく、e-com英語ネット・グローバルコミュニケーションズ・バリューイングリッシュといったスクールしかありません。

しかし、英検が英語の総合力を求められる試験であると考えると、オンライン英会話を続けるだけで十分英検の対策になります。

「オンライン英会話では文法力を伸ばすことはできない」と考えている方もいらっしゃると思いますが、それは違います。

リスニング力とスピーキング力が向上することで、自分でも気付かない内に他の能力も向上しています。

つまり、オンライン英会話のレッスンを受けることで、英語の総合力を鍛えることができます。

オンライン英会話での勉強に加えて、独学で英文法を学ぶことで、さらに英検に合格しやすくなるでしょう。